歯列矯正でフェイスラインが変化

MENU

歯列矯正でフェイスラインが変化

皆さんは自分の輪郭に満足しているでしょうか?
顔が大きいと感じる方やもっとスマートなフェイスラインだったらと感じている人がいるのであれば、歯列矯正を考えてみてください。
今回は、歯列矯正が顔の輪郭に与える影響をご紹介します。
私たちのフェイスラインは噛み合わせと共に成長します。
どういうことかというと、顎の関節でものを噛むということが骨や筋肉の成長に大きく関係し、
将来の輪郭に影響を及ぼすということです。
つまり、歯並びが悪い状態で咀嚼を続けていると、バランスに欠けたフェイスラインに
なってしまうこともあります。

 

矯正歯科ならさとり歯科医院がおすすめ

 

具体的には、顎が他の人より長い、頬骨部分の筋肉が張っているというケースが見られます。
噛み合わせや歯並びが悪い人は、口を大きく開けることが苦手で、食事の際にも咀嚼回数が少ない傾向にあるのです。
こういった状態の方が歯列矯正を受けるとどうなるのでしょうか?
噛み合わせが強制されるということは、バランスの悪かった顔の筋肉の付き方が正常な状態に戻ることを意味します。
つまりは顔の輪郭がシンメトリーに近くなり、全体として小顔な印象に変化するのです。
右側ばかりで噛んでしまう、奥歯を上手く使えないといった咀嚼に関する問題も、歯並びの矯正によって解決する可能性が高いといえます。
偏った咀嚼が正されると、骨や筋肉のバランスが取れるので、こちらもまた小顔になれる可能性を秘めているのです。
歯列矯正は矯正器具を歯に嵌め込むという施術になります。
治療期間は比較的長く、歯科医院に通う回数も増えることでしょう。
しかし、しっかり治療に向き合えばその分効果を実感出来るので、フェイスラインを整えたいという人は矯正歯科の扉を叩いてみてください。

関連ページ

歯列矯正中の歯磨きの注意点
歯列矯正中の歯磨きの注意点
歯列矯正と口内炎
歯列矯正と口内炎
歯列矯正におけるセカンドオピニオン
歯列矯正におけるセカンドオピニオン
歯列矯正を始める時期
歯列矯正を始める時期