歯列矯正中の歯磨きの注意点

MENU

歯列矯正中の歯磨きの注意点

歯列矯正に臨んでいる方の中には、矯正器具を付けていることでストレスを感じている人もいると思います。
お口の中の異物感は慣れるまで大変ですが、実はそれ以上に気を配りたいのが歯磨きです。
今回は歯列矯正中の歯磨きについて詳しく見ていきましょう。
歯列矯正にはいくつかの種類があります。

 

昔ながらのブラケットと呼ばれる器具は、歯にかかる圧力が高い分、患者自身が外すことが出来ないという特徴を持っています。
ブラケットを装着している最中は、虫歯や歯周病にかかりやすいという事実をご存知でしょうか?
ブラケットを装着していると、ブラケットと歯の間に食べカスが入ってしまうことが多く、そこに細菌が群がってしまうのです。
その結果、虫歯菌や歯周病菌が活発化し、歯科疾患を引き起こすことがあります。
こういった事態を回避するには、なるべく小さな歯ブラシで磨きましょう。

 

毛束の多い歯ブラシでは、装置の周囲にこびりついた食べカスや細菌を取り除くには大きすぎるのです。
子供用の歯ブラシでも構わないので、ブラケットと歯の表面を丁寧に磨けるものを用意してください。
毛束が尖っていて山のような形をしているブラシも、ブラケットとその周囲を磨くのに適しています。
自分が持っている歯ブラシが矯正中の歯磨きに適しているかを知りたい場合は、歯科医院に持っていってみると良いでしょう。

 

 

 

また、歯ブラシと並行してデンタルフロスや歯間ブラシを活用すると、歯の間に溜まった細菌や食べカスを取り除くことが出来ます。
ご紹介したような方法で、歯列矯正中も健康な歯を保っていきましょう。

関連ページ

歯列矯正でフェイスラインが変化
歯列矯正でフェイスラインが変化
歯列矯正と口内炎
歯列矯正と口内炎
歯列矯正におけるセカンドオピニオン
歯列矯正におけるセカンドオピニオン
歯列矯正を始める時期
歯列矯正を始める時期