歯列矯正と口内炎

MENU

歯列矯正と口内炎

歯列矯正中は様々なお口トラブルが発生しやすい時期といえます。
矯正器具という異物を挿入したことで、お口の衛生状態が変化しますし、矯正器具のせいで歯ブラシが届かない部位が出ることも原因です。
今回はそんな矯正治療中のお口トラブルの中でも、口内炎に注目していきましょう。
口内炎にはいくつかの種類がありますが、矯正器具が皮膚に何度も擦れることによって発生するものをカタル性口内炎といいます。
いわゆる物理的な刺激によって発生した口内炎で、端的にいえば矯正器具を外してしまえば治る症状です。

 

しかし、ブラケットなどの矯正器具は患者の側で外すことが難しいですから、対処法についても覚えておきましょう。
カタル性口内炎に関しては、矯正器具に専用のワックスの塗り、口内の皮膚との接着面を滑らかにしてあげることが予防措置として効果的です。
歯科医院で販売されていることもありますし、口内炎が気になるようであればワックスを塗布して欲しいと歯科医師に頼むと良いでしょう。

 

また、市販薬を塗って炎症を抑えるというのも対策の一つです。
塗りやすいのは軟膏タイプですが、湿布のように口内炎を覆うことで、刺激から守るタイプもあります。
カタル性口内炎以外の口内炎についても見ておきましょう。
金属アレルギーの方は、矯正器具の金属に反応してアレルギー性口内炎が起きている可能性があります。
矯正器具を非金属のものに交換するなど、お口の中から金属を取り除きましょう。
アフタ性口内炎はビタミンなどの栄養が不足し、ストレスが蓄積したときに発生します。
バランスの良い食事や睡眠を心掛けて発生を予防してください。

 

江東区で評判の歯科医院 矯正歯科がオススメ