歯列矯正におけるセカンドオピニオン

MENU

歯列矯正におけるセカンドオピニオン

医療とは専門的な分野であり、素人にとっては分からないことだらけです。
しかし、患者の側は意思を選ぶ権利があり、治療方法について深く知る権利もまた持ち合わせているのです。
セカンドオピニオンは医師からの説明で治療や病状が良く理解できなかった患者が、他の意思に改めて説明を求めるものです。
今回は歯列矯正に関するセカンドオピニオンについて詳しく見ていきましょう。

 

歯列矯正は虫歯や歯周病の治療とは異なり、歯並びの正常化という明確なゴールがあります。
そこに向かっていく道のりに関して、歯科医師は事前に計画を立てることになるのです。
患者はその計画について説明を受ける権利があり、疑問点に関して質問をすることが出来ます。
もし医師の説明によって疑問が解消されなかった場合は、他の歯科医師にセカンドオピニオンを求めることが可能です。
治療計画は打倒であるのか、もっと患者の負担を減らす方法はないのかといった点を他の歯科医師に尋ねて、
納得したのであれば最初の歯科医院で治療を受けると良いでしょう。
もしセカンドオピニオンを受けた歯科医師の方が自分に合っていると感じたら、そちらで矯正治療を受けるのも患者の権利なのです。

 

また、歯列矯正は治療が始まった後もセカンドオピニオンを受けることが出来ます。
計画に沿って治療が進んでいるのか、医師の治療にミスが無いのかといったことを他の歯科医に見てもらうのです。
治療計画から大幅に外れ、治療に時間がかかっている場合にはこうしたセカンドオピニオンを求めるのも良いでしょう。
セカンドオピニオンは患者がより良い治療に出会うための制度です。
歯科医師の側もそれを了承していますので、疑問があった場合は積極的にセカンドオピニオンを受けましょう。