セラミック矯正の治療方法について

MENU

セラミック矯正の治療方法について

矯正治療には、矯正器具を装着する必要があり、治療期間が長くて大変だと思っている人が多いでしょう。
しかし、矯正治療の方法で、セラミック矯正を選べば、矯正器具を装着させる必要はありません。
経短期間で歯並びが劇的にキレイになると言われる、セラミック矯正とは一体どのような治療なのでしょうか?
にいむら歯科でインプラント治療も行っています。

 

セラミック矯正とは、歯並びが悪い原因となる歯の形を整えて、セラミック製の人工の歯を被せる方法です。
歯を移動させる必要がないため、治療が短期間で完了するという訳です。
ですが、人工歯を被せるだけで、本当に大丈夫?と思う人もいるかもしれません。
ですが、セラミックとは、歯科治療で使用する素材の中で、機能性、耐久性、審美性が最も優れた素材です。
そして、矯正治療で一般的なワイヤー治療の場合でも、歯並びをよくするため、抜歯をしたり、歯を削る事は普通に行われる事です。
セラミック矯正治療だけが歯を削るわけではありません。

 

歯を削ると歯の強度が弱くなったり、歯の寿命が短くなり、歯の健康を損なう恐れはゼロではありません。
しかし、歯並びが悪いままで歯を放置する事の方が、リスクが高いという事を理解して下さい。
矯正治療を行わない方が、虫歯や歯周病で歯を失ってしまったり、咬み合わせが悪く特定の歯に負担がかかってしまいます。

 

ただし、他の矯正治療と比べても、セラミック矯正は歯への侵襲度合いは高い治療法です。
ですが、短期間で歯並びが劇的にキレイになるため、セラミック矯正を選ぶ人も少なくありません。
要は、矯正治療を行う際に、何を最優先にするべきか、その答えによって選ぶ治療法は変わってくると言えるでしょう。