歯列矯正を始める時期b

MENU

歯列矯正を始める時期

歯並びを解消したいけれど、いつから始めたら良いのかわからないという人はいませんか?
歯並びは見た目だけでなくお口の健康にも深くかかわってきます。
今回は、歯列矯正を始める時期について詳しく見ていきましょう。
もしお子さんを持ちの方がいらしたら、なるべく歯列矯正を受けさせてあげることをおすすめします。
なぜかというと、子供のうちに歯並びが矯正されず、噛み合わせの悪いまま成長すると、将来の顔の輪郭バランスが悪化してしまうことがあるからです。
エラが張ってしまう、頬骨が出ている、顎が極端に長いといった顔の特徴は、歯並びの悪さによって招かれているケースも否定出来ません。

 

また、歯並びが悪いと上手く物を噛むことが出来ず、唾液の分泌が滞ることがあります。
唾液の少ないお口は虫歯になりやすいので、お口の健康状態も悪化しやすいのです。
お子さんの歯列矯正の場合は医療費の控除を受けられるケースが多いというのも魅力です。
大人になってからの歯列矯正よりも少ない出費で矯正出来るので、小学校に通い始めたら歯科医院で歯列矯正の話を聞いてみると良いでしょう。

 

また、歯列矯正の効果は大人になってからも発揮されます。
噛み合わせの改善によって小顔になる、輪郭のバランスが取れて印象が変わることも少なくありません。
なりよりも歯磨きがしやすくなるので、健康なお口を維持しやすいという利点を持っています。
さらには、長年噛み合わせが悪いまま生活してきたことによる弊害、例えば腰痛や肩こりも解消される可能性があります。
歯列矯正に耐えうる体力があるうちは歯並びを整えられるので、成人した方も歯列矯正をお試しください。

 

歯列矯正を始めるならイースト21デンタルオフィスhttp://www.east21-dc.com/

関連ページ

歯列矯正中の歯磨きの注意点
歯列矯正中の歯磨きの注意点
歯列矯正でフェイスラインが変化
歯列矯正でフェイスラインが変化
歯列矯正と口内炎
歯列矯正と口内炎
歯列矯正におけるセカンドオピニオン
歯列矯正におけるセカンドオピニオン